HISTORY OF DISCO - 1

サタデイナイトフィーバー70年代ディスコイベントDJダンクライベント名古屋東京横浜静岡愛知
サタデイナイトフィーバー70年代ディスコイベントDJダンクライベント名古屋東京横浜静岡愛知

新宿 1977年

DJじょんとらのルーツはジョントラボルタ。

ジョントラボルタといえば世界的大ディスコブームの火付け役映画「サタデイナイトフィーバー」
その映画が封切りされたのが1978年。
私がディスコデビューしたのが、中学校卒業間際の1977年。
ということで、私が最もディスコに通った1977年〜1982年のディスコ事情をご紹介します。
1977年はまだ「サタデイナイトフィーバー」上映前で、ディスコ=不良のたまり場。
ファッションはコンチ・暴走族風・アーミー・ロカビリー・ニュートラ、髪型もアフロ・リーゼント・パンチパーマー・カーリーヘアと非常に多彩でしたが、共通項はツッパリファッションでした。
曲は最新曲だけでなくかなり古い曲もかけられ、50年代のロックンロールでツイストも流行。
ステップは「ハッスル」「アスクミー」「恋は火の鳥」「恋のショック」「ゲットレディー」「ザッツザウェイ」「愛はノンストップ」などを覚え、ディスコにはまっていきました。
この時期にディスコに通った人は、このDISCO STEPによって私と同じ快感を味わったに違いありません。
サタデイナイトフィーバー70年代ディスコイベントDJダンクライベント名古屋東京横浜静岡愛知
SOUL CISSY (SOUL CC)
サタデイナイトフィーバー70年代ディスコイベントDJダンクライベント名古屋東京横浜静岡愛知
ウォーターゲート オールドマン オカマダンス ポコダンス

ミュンヘンディスコ

そして翌年  1978年に「サタデイナイトフィーバー」の大ヒット!

これで一気にディスコの敷居が下がり、正に猫も杓子もディスコ通いという状態になりました。
週末は足の踏み場もないほど芋洗い状態になったので、その超混雑を避けわざわざ平日に行ったものです。
また、今まで夜遊びとは縁のなかった一般ピープルもディスコに来るようになって、つまり「初心者」が急増したのでガールハント(ナンパ)には好都合になりました。
客層は女子は中学2年ぐらいからOLまでで、男子は高校生の不良と高校中退組が中心。
互いに1日2回ぐらいあったチークタイムに勝負をかけた、ナンパのメッカとなりました。
その頃主流のサウンドといえばミュンヘンディスコ! ミュンヘンディスコといえば新宿!
1978年からは従来のステップは廃れ、主流はファンキーかオカマダンスでしたが、他にもナイトフィーバー・KCサンシャインバンドのセイムオールドソング (ニューソウルCC) 等のステップの名残り・ポコダンス・スパンク・スウェイ・ウイップ・フリークや、宇宙のファンタジー・ポパイザセーラーマン・チャンタで行こう等の曲ごとの振付・ピンクレディーやサザンオールスターズも頻繁にかかって非常に多彩でした。
忘れられないのは1978年の年越し「シンデレラ」で「勝手にシンドバッド」で大盛り上がりしたこと。
肩車をして踊るのが決まりで、「今何時?」なんて言いながら、みんなでカウントダウンしたっけな。
サタデイナイトフィーバー70年代ディスコイベントDJダンクライベントミュンヘンディスコ新宿歌舞伎町DISCO
サタデイナイトフィーバー70年代ディスコイベントDJダンクライベントミュンヘンディスコ新宿歌舞伎町DISCO
当時のヒット曲は圧倒的にミュンヘンサンド!

新宿のディスコ 1978年

そんなわけで、1977年から1978年にかけての新宿ディスコシーンを振り返ります。

ここでは、実際私が行ったことのある箱のみをご紹介します。
池袋の「アダムスアップル」も赤羽線・東上線・西武線沿線の不良達に人気があったのでご紹介します。

GET

新宿南口と東口の間のパチンコ屋4階にあった名店。

「若者のプラザ」というコンセプトのもと、誰でも踊りやすいステップを数多く生み出した。

3時開店で入場料がワンドリンク付き500円と、サテンなみに安かった。

 

ソウルトレイン 

GETの近くにあったDISCO。

ステップ多め。4時ぐらいからオープンしていた。

 

アップルハウス

不良女子中学生の溜まり場でガラ悪かった。

DJブースがカプセルになってて動くんだよな。

その後食い放題の焼肉屋になったけど、DJブースは残っていた。

振付多め。男よりも女の比率が高く、ナンパに最適だった。

 

ブラックシープ

アップルハウスのとなりにあった暴走族や家出少女の溜まり場。

暗くて怪しげな店内+ホワイトとレッドとダルマの混合?ボトルが悪酔いしやすかった。

特定のアーチストの曲を年代を遡ってかける「アーチストの歴史シリーズ」は踊っててわくわくした。

カンタベリーハウス三号館

三峰のウラでけっこう踊りの上手い奴の隠れ家だった。

ペルシャ館に改名された後は「元祖竹の子」の箱に変化し、末期は不良の溜まり場だった。

振付多め。可愛い子も多くナンパに最適だった。

 

カンタベリーハウスビバ館

以下はディスコビル「東亜会館」にあったディスコ。

ビバ館は東亜会館唯一の初期サーファー系DISCOで、中高生が多かった歌舞伎町の中では年齢層高め。

 

カンタベリーハウスギリシャ館

よく1000円で入ってメシだけ食って帰った。

ステップ少な目だが振付は多かった。

全体的に初心者向けで踊りのレベルは低かった。

 

シンデレラ

下からライティングされたフロアは最新式だったが、プラスチック製のためターンがしにくかった。

特にプラスチックの継ぎ目が踊るには邪魔だった。

見晴しの良いスタジアムのような椅子で、よく品定めをした。

 

インデペンデントハウス

実は私はここの常連でした。

可愛い子が一番多かったし、曲も適度にステップや振付け・ナツメロ・ピンクレディータイムと多彩。

さらに、はらたかしの「ムーチョマッチョマン」等 ディスコ歌謡のプロモーションもあった。

DJはもちろん「ジョイ吉野さん」で決まりだね!

tomorrowUSA

東宝会館の大型ディスコ。

チークタイムはフロアにカーテンが下りてきた。

フリー・ステップ・振付とバランス良く選曲も抜群。

フロアも広くて踊りやすかった。

 

スキャット

たぶん踊りのレベル(ファンキー)は歌舞伎町で一番高かった。

曲もファンキー主体で最先端というイメージだった。

ジャングルを流行させたのは、ここ。

 

チェスターバリー

水曜日は1000円で入れた。おかまダンス発祥の地。

ファッションディスコとも言われていた。

DJはダブルDJで、曲はミュンヘンバリバリ。

 

ミルキーウェイ

チェスターバリーチェーン。

有名女子大付属女子高生がたくさんいたのでナンパは易しかった。

他にもムゲン・ポップコーン・クレイジーホース・フルハウス等も行きましたが、よく覚えてません。

 

アダムスアップル

池袋にあった名ディスコ。生バンドも入っており、ステップ主体。

新宿からステップが消滅した79年以降も、ここではしぶとくステップが生き残っていた。

裏手でカツアゲが日常茶飯事であった、池袋西口ロサ会館内。

ガラは悪かったですが、地元だったので高校の帰りにメシ食いに行ってた。

サタデイナイトフィーバー70年代ディスコイベントDJダンクライベントミュンヘンディスコ新宿歌舞伎町DISCOツモローUSA
tomorrowUSA

DJじょんとらは、70年代~80年代のダンスクラシック・ディスコイベントのDJです。

昭和36年 下落合生まれの大塚育ち、その後は横浜の鶴見・東戸塚・現在は岐阜に移住中の57歳。

ディスコデビューは中3(1977年3月)で、1977年〜1979年までは新宿・1979年後半〜1983年までは六本木にドップリ浸かり、1984年以降はディスコは卒業しましたが、イベントDJは未だに続けています。

DJデビューは高3(1979年5月)で、得意ジャンルは

・1974年〜1977年のソウル・ステップディスコ系

・1977年〜1979年のミュンヘンディスコ系

・1979年〜1982年のキャンディーポップ系

・1979年〜1983年のサーファーディスコ系

曲の流れやつなぎはもちろん、トークも昔っぽく再現するのが持ち味です。

お問い合わせはこちら