1980年 サーファーディスコ

六本木 サーファーディスコ スクエアビル 70年代 80年代  ダンクラ ディスコ イベント DJ  DISCO FUNK SOUL   テクノディスコ
六本木 サーファーディスコ スクエアビル 70年代 80年代  ダンクラ ディスコ イベント DJ  DISCO FUNK SOUL   テクノディスコ
六本木 サーファーディスコ スクエアビル 70年代 80年代  ダンクラ ディスコ イベント DJ  DISCO FUNK SOUL   テクノディスコ

サーファーブーム到来

1979年末から、さらに輪をかけるようにしてサーファーディスコは盛り上がりました。

これは別にディスコシーンに限られたことではなく、一般世間も空前のサーファーブーム。

サーファー御用達雑誌「Fine」も創刊1周年を迎え、すっかり定着していきました。

他にもトレンディー雑誌の原点「POPEYE」もこの頃がピーク。

そして海には一切入らないくせに格好だけは一丁前な「陸サーファー」が街にあふれかえりました。

 

ファッションはオトコが「ゴッデス」「タウン&カントリー」「ディックブリューワー」等のサーフボードメーカーや「ボートハウス」のロゴ入りトレーナー。

ファーラのホップサック&トップサイダーのデッキシューズ、夏場はアロハ裏地やプルオーバー&ライトニングボルトのビーサンが大流行。

髪型は必殺ワンパターンのサーファーカット。

一方自分は、高校はギリギリで卒業はできたものの大学には進学できず、浪人生活を送っていました。

浪人というと暗いイメージだが、自分の場合は昨年の大学祭でDJとしてカオが売れ、様々なダンパに呼ばれるようになり、女子大生に囲まれる華やかな日々を送っていました。

六本木 サーファーディスコ スクエアビル 70年代 80年代  ダンクラ ディスコ イベント DJ  DISCO FUNK SOUL   テクノディスコ
六本木 サーファーディスコ スクエアビル 70年代 80年代  ダンクラ ディスコ イベント DJ  DISCO FUNK SOUL   テクノディスコ

スクエアビル通いの日々

ダンパの開催先は女子大や短大が多かったので、自然に女子高生から女子大生への関心が強くなりました。

また、女子大生に人脈がたくさんできたので、そのおつきあいでディスコも六本木へばっかり行くようになり、浪人中にも関わらずスクエアビル通いの日々でした。

新宿は、唯一カンタベリービバ館は、六本木のような大学生中心のサーファーディスコだったかな?

女子大生ファッションの典型は「SEAS」等のトレーナーにスカート&ボンボン付きハイソックスにミハマの靴等を組み合わせる「ハマトラ」。

これはこの年デビューした松田聖子ちゃんカットと非常に良くマッチして、すっごく可愛かったなぁ。

バリバリサーファー系はレインボーステッチのサーフパンツにエンジェルスフライト。

ジョーバンのムスクつけまくりで、化粧は青いアイシャドーにオレンジ系の口紅。

耳には花のイヤリング&ちょい潮焼けしたレイヤードカット。

このスタイルは誰でもすごく可愛く見えて、「後姿美人」には随分だまされたもんです。

六本木 サーファーディスコ スクエアビル 70年代 80年代  ダンクラ ディスコ イベント DJ  DISCO FUNK SOUL   テクノディスコ
六本木 サーファーディスコ スクエアビル 70年代 80年代  ダンクラ ディスコ イベント DJ  DISCO FUNK SOUL   テクノディスコ

一過性だったテクノブーム

六本木 サーファーディスコ スクエアビル 70年代 80年代  ダンクラ ディスコ イベント DJ  DISCO FUNK SOUL   テクノディスコ
六本木 サーファーディスコ スクエアビル 70年代 80年代  ダンクラ ディスコ イベント DJ  DISCO FUNK SOUL   テクノディスコ
六本木 サーファーディスコ スクエアビル 70年代 80年代  ダンクラ ディスコ イベント DJ  DISCO FUNK SOUL   テクノディスコ
六本木 サーファーディスコ スクエアビル 70年代 80年代  ダンクラ ディスコ イベント DJ  DISCO FUNK SOUL   テクノディスコ

その頃のディスコシーンではほんの一瞬だけテクノサウンドが流行!

YMO「テクノポリス」「ライディーン」、シーナ&ロケット「ユーメイドリーム」、プラスチックス「トップシークレットマン」ジューシーフルーツ「ジェニーはご機嫌ななめ」・・・

洋楽でもMを筆頭にクラフトワークやディーヴォ・B52等が隆盛を極めました。

ファッションも白と黒の市松模様の服やベルト、小物に至るまでいろいろと出回りました。

しかしこのテクノブームは一過性のもので、すぐ廃れてしまいました。

それ以降はサーファーディスコ一色。

曲もウエストコースト風の軽いポップファンクから、ルパートホルムズ・ディックセントニクラウス・ハープアルバート等のAORを取り混ぜながら、サーファーディスコ最盛期・1981年に突入!

1980年の音