学生ツアー PART2

学生ツアー バケーションシステム ナッツベリー レオ LEO メリールー ディスコ DJじょんとら YGカウンティー ラブキャット 与論

学生ツアーの目的地は、夏は与論・沖縄の南国ツアーおよび志賀高原+野尻湖のテニスツアーだった。

特に南国は大人気だったが、往復飛行機だと高いから、片道は「波之上丸」というフェリーを使った。

JET&SEA SEA&JET といったネーミングで、一番安いのはSEA&SEA。

なんと船泊だけで4泊!驚異的なツアーでしたね、安かったけど。

でもみんな船旅は暇なので、現地に到着する頃には何組ものカップルが誕生したものだ。

おいしい女子大生が来るのはJET&JETでしたね。

お金持ちのお嬢さんがいっぱい。ってことは質的も◎でした。

 

当時最も人気のあった南の島はなんといっても「与論島」だった。

当時は「ヨロン島」とカタカナ表記していたので、中にはグアムやサイパンと同様に「外国の島」だと勘違いしていた子もいて、「パスポートはいらないんですか?」と真顔で質問されることもあった。

日本離れした雰囲気だったので、「ヨロンパナウル王国」として、国旗や国王が存在した時期もあった。

そんな南の島の独特なノリは、まず初日の夜から始まる。

そう!「与論献奉」と呼ばれる歓迎の儀式を行うのだ。

地元の主が宴を主催して、アルコール濃度50度近い「有泉」という焼酎を大きな杯で回し飲みするのだが、これには「お客をもてなす」という意味があるので、どんなに酒の弱い人でも断れない雰囲気がある。

限界を超えたら「とうとう」(もう貴方の気持ちは充分伝わりましたという意味)と言ってやんわり断る。

しかし、スタッフは断るなんて言語道断!

初日を盛上げるために、率先してひたすら有泉を飲み続けなければならない。

そんな具合でいつしか意識がどこかに飛んでしまって、気がつけば大金久海岸(百合が浜)のグラスボードの脇で上半身裸で朝を迎えるってこともたまにあった。

 

そんなノリで、無事翌朝を迎えられた者は、グラスボード・シュノーケリング・当時大流行したウインドサーフィン(サーファー艇・手差しダガー・ハーフバテン)やカタマランヨットでマリンスポーツを堪能。

一方有泉につぶされた者は、日中は何もできずにただただうろたえるのであった。

でも、夜になると全員が集結してそのテンションも最高潮に達し、東区の「スカイラブ」茶花の「サザンクロス」大金久の「ラブアタック」「エデン」等のディスコを貸切。

ラスト3曲は必殺パターンがあり、まずは「ロントレ」で手拍子、次は「セイムオールドソング」で全員揃ってステップ、最後はお決まりの「君の瞳に恋してる」で絶頂を向かえた。

二次会は「ココナッツガーデン」というビーチサイドのカフェバーで朝まで、というのがパターンだった。

学生ツアー バケーションシステム ナッツベリー レオ LEO メリールー ディスコ DJじょんとら YGカウンティー ラブキャット 与論

冬は志賀一ノ瀬・北志賀竜王・斑尾高原・苗場・栂池あたりへのスキーツアーだった。

私が一番添乗・駐在した場所は斑尾で、3泊コースの場合、1日目と最終日は箱を貸切って「ウエルカムパーティー兼フェアウエルパーティー」を行った。

貸切る箱は「サーディンハウス」「花言葉」「ホワイトハウス」

どれも音響や照明がシッカリしている「ディスコ仕様」だった。

特にサーディンハウスは最高で、昼間は「ふわふわわうわう」というケーキが大人気。

夜は一転DJが入り、当時の最新ディスコヒットをガンガンかけていた。

青空に白い雲をあしらった天井からは、カモメのオブジェが飛んでいた。

 

最終日はツアーメイトを半ば強制的に土産屋に連れて行った。

これが駐在スタッフ唯一の小遣いで「R」と言われていたが、要は連れて行ったメイトの売上の何%かが駐在スタッフのみにバックされた。(ヘッド以下はタダ働き)

提携先はラフォーレシャンピア内の「マザーグース」「ペパーミントハウス」「ホワイトハウス」。

ヨロンだったらサブさんの「タンディー」かマサさんの「ココハウス」。

メイトが他店に行きたい!と言っても、いかに提携店舗に金が落ちるように仕向けるかは駐在の腕だった。

こんな感じのツアーを、平均で夏は7-8本、冬は15本近くこなした。

学生ツアー バケーションシステム ナッツベリー レオ LEO メリールー ディスコ DJじょんとら YGカウンティー ラブキャット 与論