HISTORY OF DISCO - 7

80年代ディスコイベント出張DJ派遣DJ岐阜愛知大垣各務原

カセットテープDJ

私は高校3年(1979年)から「イベントDJ」として大学祭・ダンパ・リゾート地のDJをはじめました。
シフトに縛られることなく時間的にもフリーなイベントDJは、気軽でさほど寝不足にもならない点が良かったんですが、その反面大量のレコードを置かせてもらう場所もありませんでした。
といって、毎回大学祭やリゾート地に、レコードを詰め込んだ大量の荷物を持ち込むのはすごく大変。
そこで、苦し紛れに考えついたのが「カセットテープDJ」でした。
70年代ディスコイベント出張DJ派遣DJ岐阜愛知大垣各務原

BPM計測とカセットテープの頭出し

カセットテープにはメトロノームで計ったBPMや、各曲の開始時点のカウンターがカセットテープのレーベルに記入してあり、頭出し部分を明確にするために、リール部分にはマジックで印を付けていました。
でも、カセットテープは常に巻き戻し状態とは限らず、そうなるとゼロカウンターが狂うので早送り/巻き戻しで曲を探すしかなく、頭出しには大変苦労したものです。
70年代ディスコイベント出張DJ派遣DJ岐阜愛知大垣各務原

超アナログDJの職人技

ターンテーブルは直接押し引きで速さを微調整できますが、カセットデッキはピッチコントローラーのみで、そりゃーもうその難易度といったら耳を研ぎ澄ました超リズム感が要求されたし。

今思えば泥臭い超アナログ的な職人技ですが、ターンテーブルと遜色なくキレイにミックスできました。

今はパソコンによるビジュアライズMIXにより、ヘッドホン無しで誰でも簡単に曲をつなげられるようになりましたが、アナログ時代の方が「技量」に顕著な差がつき、DJとしてのステイタスも高かったです。

おまけにギャラも高かったし、オンナにも超もてたし、あの頃がなつかしいなぁ。

70年代ディスコイベント出張DJ派遣DJ岐阜愛知大垣各務原

DJじょんとらは、70年代~80年代のダンスクラシック・ディスコイベントのDJです。

昭和36年 下落合生まれの大塚育ち、その後は横浜の鶴見・東戸塚・現在は岐阜に移住中の56歳。

ディスコデビューは中3(1977年3月)で、1977年〜1979年までは新宿・1979年後半〜1983年までは六本木にドップリ浸かり、1984年以降はディスコは卒業しましたが、イベントDJは未だに続けています。

DJデビューは高3(1979年5月)で、得意ジャンルは

・1974年〜1977年のソウル・ステップディスコ系

・1977年〜1979年のミュンヘンディスコ系

・1979年〜1982年のキャンディーポップ系

・1979年〜1983年のサーファーディスコ系

曲の流れやつなぎはもちろん、トークも昔っぽく再現するのが持ち味です。