DJプロフィール

ナツメロディスコパーティーじょんとらナイト

DJじょんとらとは?

DJじょんとらの語源は、映画「サタデイナイトフィーバー」の主役 「ジョントラボルタ」です。

私が高校生の頃は、ジョントラボルタが憧れであり、彼のようなディスコキングになりたいというのが夢でした。

そんなわけで、当時から「じょんとらX」と自称する輩がたくさんいて、自分も御多分に洩れず「じょんとらもてちゃん」と自称しているうちに、いつしか「じょんとらさん」「DJ じょんとら」と呼ばれるようになりました。

80年代ディスコナツメロディスコパーティーじょんとらナイト
J-TRIP BAR系列のDISCO

DJを始めたきっかけ

私が初めてDJらしきことをやったのは高校1年の文化祭。
私のクラスにはたまたまディスコ好きが多く、文化祭でディスコをやろうということになりました。
問題は機材で、誰もそんなディスコセット?を持っていない。
しかし、たまたま私が中学からフォークバンドをやっていた関係でミキサーを持っていたので、必然的に私がレコード係をやることになり、16才にして初めて人前で音楽をかけました。
ターンテーブルは1個しかなかったので、もうひとつはカセットデッキをつなげていました。
当時はまだBPMなんて概念はないので、ただ切れ目なくレコードをかけるだけの放送部の延長でしたが、自分のかける音楽で人が反応する楽しさを知り、これが自分の感性にピッタリはまりました。
それ以降、そのミキサーとカセットをつなげて、スナックや喫茶店を貸し切って「ディスコごっこ」をやりました。
さらに高校2年の時早稲田大学のディスコに行き、そこに来ていた東大生に声をかけられ「今度の学祭でDJをやってみないか?」と誘われ、翌年の東大五月祭の手作りディスコでDJデビュー。
それを機に、あっちこっちの大学祭やダンパのDJとして声がかかるようになりました。
大規模(200人前後)の前で初めてDJをやったのは高校3年生の秋。
東大駒場祭のダンパで、青学・跡見・津田塾のお姉さん方にメチャちやほやされて、あの頃が人生最高のモテ期だったかな。
80年代ナツメロディスコパーティーじょんとらナイト
CLUB EXIT

当時の思い出をON AIR

昨今「ダンスクラシック(ダンクライベント)」「70年代・80年代ディスコパーティー」が各地で盛んになっています。

今でも遊んでいる人達は、昔の曲を聴くと自分の青春時代を思い出して、それで元気になれるから遊んでるんじゃないでしょうか?
そんなわけで、私のスタイルは単に昔の曲を淡々とかけるのではなく、「当時の思い出」をON AIRします。
具体的には、例えば1978年のサタデイナイトフィーバー時代に遊んでいた人に照準を合わせるとします。
1978年はサーファーディスコはまだなく、主流のファンキーやおかまダンス(ミュンヘンサウンド)に加え、ピンクレディーやサザンオールスターズもかかり、少しだけステップダンスも残っていた時代で、そういう細部の選曲バランス・曲の流れや曲紹介などのMCまでを忠実に再現することが私のこだわりです。
それにより、ダンスフロアで踊りながら当時の雰囲気にドップリ浸り、同時に自分の青春時代や当時つきあっていた人・当時のファッションや風景をまるごと思い出すことでしょう。
私としては、お客さんがそんな当時の思い出に浸って気持ちよく、かつ元気になってもらうことが顧客満足だと思っています。
70年代ナツメロディスコパーティーじょんとらナイト
与論島行きフェリー 波の上丸船上ディスコ
ナツメロディスコパーティーじょんとらナイト
1981年ごろのサーファーディスコ時代のダンパ

略歴

1961年 東京都目白生まれ 文京区大塚育ち

1974年 洋楽(SOUL)を聴き始める

1976年 ディスコデビュー

1979年夏までは新宿歌舞伎町で遊び歩き、その後六本木のサーファーディスコ漬けとなる。

ディスコ通いは1981年まで続いたが、その後はイベントDJ・ダンパ企画・学生ツアー・テレビや雑誌のキャスティング・読者モデル斡旋等「女子高女子大生の顔の広さ」を活かした実業家に転身。

ほとんど学校には行かずにビジネスに明け暮れたが、バブルがはじける直前に足を洗い、その後はふつうのサラリーマンに転身。

しばらくディスコから遠ざかっていたが、1986年以降はダンステリア・銀座CHIC・六本木TEARS・西小山 海老重に通った。

現在は妻の実家の岐阜県に移住。

 

・DISCO歴

ゲット・インデペンデントハウス・カンタベリーハウスギリシャ館・ビバ館・3号館(ペルシャ館)・シンデレラ・チェスターバリー・ミルキーウェイ・ソウルトレイン・アップルハウス・ブラックシープ・トゥモローUSA・カーニバルハウス・B&B・スターウッズ・キャンディーキャンディー・アダムスアップル・スクエアビル全部(特にフーフー・ネペンタ・スタジオワン・チャクラマンダラ・キスレディオ)・キサナドゥー・ナバーナ・レオパードキャッツ・マジック・キュー・ラジャコート・クレオパラッツィーetc

 

最近はダンステリア・CHIC・サーティーズクラブ・エムカルロ・ディノクラブ・フィラデルフィアモータウン・海老重・TEARS・ソウルソニックブギ・SOUL FACKTRY(大阪)・CLUB EXIT(名古屋)・JAP(名古屋)・SOUL MASTERS CAFE(名古屋)・GARYS(名古屋)・MEMPHIS SOUND LOUNGE(USA) 

 

・DJ歴

1979年~ ダンパ・学園祭専門イベントDJ

1981年~ リゾート地DJ・イベントDJ

1993年~ 名古屋  CLUB EXIT 

2001年~ 岐阜 GROOVE-J 

2003年~ じょんとらナイト Vol.1 〜Vol.7 (東京・岐阜)

2015年~ 名古屋 GARY'S SOUL DISCO NIGHT Vol.1~Vol.5

2016年〜   名古屋 DISCO CLUB MARS

2016年〜   プラチナム名古屋

2017年~ HOOTERS銀座

 

・ダンスイベント主催歴

ネペンタ・ナバーナ・チャクラマンダラ・フーフー・スタジオワン・玉椿・スターウッズ・マハラジャウエスト・フィラデルフィアモータウン・J-TRIP BAR・DINO CLUB・ENDOOR・MAGICAL CAFE・斑尾・苗場・志賀高原・与論島のリゾート・氷川丸・波の上丸・東京大学・早稲田大学・青山学院・学習院・國學院・跡見女子大等の学園祭・数々のCAFE BAR……

岐阜・名古屋の70年代 80年代 ディスコ・ダンスクラシックイベントDJ PA機材のお問い合わせはこちら