ディスコダンス (振付) あれこれ

ディスコダンス ディスコの踊り方 DISCO STEP ダンクラ ステッパー 竹の子族の振付 ミュンヘン ファンキー
おかまダンスの代表曲
ディスコダンス ディスコの踊り方 DISCO STEP ダンクラ ステッパー 竹の子族の振付 ミュンヘン ファンキー
ジャングルというディスコダンス
ディスコダンス ディスコの踊り方 DISCO STEP ダンクラ ステッパー 竹の子族の振付 ミュンヘン ファンキー
新宿のディスコダンス 後 竹の子族

1977年から1979年にかけてはステップが廃れて、ファンキーダンスかおかまダンスに二極分化。

この2年間はステップや振付は存在しなかったと断言する人もいるくらいです。

でも、フリーダンス全盛期も、ステップの名残りや竹の子の元祖的な振付がありました。

しかも、その箱の常連達が創作した振付が多く、ひとつの曲でも振付があったりなかったり、ステップだったりファンキーだったり、もうてんでバラバラの状態でした。

こんな具合だから、ディスコステップや振付に関してのトラブルが絶えませんでした。(今のダンクラでも)

「そんなステップ見たことないよ」 「その振付、ちょっと違うんだよな」 「これはステップじゃなくて、ファンキーじゃなかったっけ?」 「オカマダンスしかあり得ない」などなど

では、そんな火種が絶えなかった当時のディスコダンス(振付)をご紹介します。


ミュンヘン・おかまダンス系ディスコダンス

宇宙のファンタジー(両手を上げておなじみの振付だが)

1,2,3,4,ギミーサムモア(肩をゆすってサビで1234!)

恋の星占い(ポコダンス+サビで右回り・左回り)

燃えるカリフォルニア(ポコダンス+サビで手を3回たたく)

ハローミスターモンキー(振付) 

Ohクッキーフェイス(クッキーステップ) 

怪僧ラスプーチン(コザックダンス風)

ディスコお富さん(太極拳風振付)

バギーボーイ(振付) 

フライデイナイト(振付) 

マッチョマン(振付)

悲しき願い(振付)

新宿ディスコナイト(前に4歩・後ろに4歩+手を2回たたく)

クイーンオブチャイナタウン(オカマダンス)

メローラブ(オカマダンス

美しくなければ(オカマダンス

誘惑のラブキャット(オカマダンス

アイムセクシー(ニューソウルCCで踊られている箱もあった)

ストレンジャー(これもごく簡単なステップ)

YMCA(振付)

フライハイ(振付)

ジャングル(ジャングル+サビで回転する振付)

アフロメリカ(ジャングル)

ジャングルタムラサン(ジャングル

カフェ (ジャングル+振付 or フリー)

愛でブラジル(麦踏+指を唇の前で交差させる振付)

ラブマジック(麦踏 or ステップ)

ウォンテッド(麦踏+振付)

ラビングユーベイビー(麦踏+振付

ボーントゥービーアライブ(麦踏+振付

ロンドン行き最終列車(麦踏)

ブーレブー(振付)

ギミーギミーギミー(振付)

ホットスタッフ(振付

ガッタゴーホーム(タコ踊りのような振付)

めざせモスクワ(振付)

サンチャゴラバー(振付

マイシャローナ(振付

ブギーワンダーランド(ステップ or ファンキー)

ダンスに夢中(振付)

リングマイベル (振付)


ファンキー系ディスコダンス

ゲットオフ(スウェイ)

今夜はブギウギウギ(スウェイ

スマイル (スウェイ  or ウイップ)

レッツスタートザダンス(グランファ)

ガットトゥービーリアル(ウォーム)

ブギーナイツ(スパンク) 

グルーヴライン(スパンク

太陽のディスコティック(スパンク

おしゃれフリーク(フリーク)

マストビーラブ(フリーク

ユーフールドミーフリーク

セプテンバー(フリーク or アダムスのみステップ) 

今夜はドントストップ(フリーク+振付)

シェイクユアグルーヴ(ファンキー or アダムスのみステップ)

レッツオールチャンタ(3回手をたたき肩を揺する)

燃えよフィーバー(サビでバージンと言い手を2回たたく)


1979年の秋を過ぎた頃より竹の子っぽい振付になりました。

80年代初期の「元祖竹の子曲」でディスコでも踊られていた曲は「キャンディーポップ」と呼ばれ、卑弥呼・ブギウギダンシングシューズ・今夜はロックミー・ペパーミントジャック・ハイライフ・ローラースター・恋のペントハウス・恋のメリーゴーランド・キャントストップザミュージック・悲しきバラライカ・レットミーシング・ラウジーパーティー・怪盗アリババ・アリババ・ユーメイドリーム・コールミー・ドンキホーテ・ギブミーユアラブ・フェイム・ハッチ大作戦・エレクトリシティー・エノラゲイの悲劇等でした。

ちなみに、今のダンクラではステップ曲の「リライトマイファイヤー」は、当時はファンキー御用達でしたが、80年代になって竹の子系ディスコでステップで踊られるようになりました。

(でも、今のステップとは違います。)

 

80年代になってからサーファーディスコでも「バスストップ」が復活し、恋のハッピーパラダイス・ウォークライトナウ・フィジカルもバスストップでした。

また、レッツゴーラウンドアゲイン・ボスでチャチャも復活しましたが、他のステップは皆無でした。


DJじょんとらは、70年代~80年代のダンスクラシック・ディスコイベントのDJです。

昭和36年 下落合生まれの大塚育ち、その後は横浜の鶴見・東戸塚・現在は岐阜に移住中の56歳。

ディスコデビューは中3(1977年3月)で、1977年〜1979年までは新宿・1979年後半〜1983年までは六本木にドップリ浸かり、1984年以降はディスコは卒業しましたが、イベントDJは未だに続けています。

DJデビューは高3(1979年5月)で、得意ジャンルは

・1974年〜1977年のソウル・ステップディスコ系

・1977年〜1979年のミュンヘンディスコ系

・1979年〜1982年のキャンディーポップ系

・1979年〜1983年のサーファーディスコ系

曲の流れやつなぎはもちろん、トークも昔っぽく再現するのが持ち味です。